医療法人に詳しい税理士を紹介TOP > 税務のポイント

税務のポイント

税務のポイント1

医療業に関する税務のポイントを中村先生に解説していただきます。一般的な税務とは何かと違いが多い医療業の税務。この記事を読んで少しでも医療業の税務に詳しくなって頂けたらと思います。


個人クリニックを開業した際の税務上の留意点

個人クリニックの開設には、保健所への診療所開設届や厚生局への保険医療機関指定申請など多くの手続きが必要です。これらの手続きが終わって診療が始まると先生も一安心…とはいきません。
忘れてならないのが税務上の諸届出で、「開業届」「所得税の青色申告承認申請書」「青色専従者給与の届出書」「給与支払事務所等の開設届」「源泉所得税の納期の特例の承認申請書」などの届出書・申請書類を所定の提出期限までに税務署等へ提出する必要があります。

これらの書類のうち、特に所得税の青色申告承認申請書は忘れてはならない書類です。青色申告の承認を受けないと、青色申告特別控除(最高65万円)が受けられない、純損失の繰越し(損失額を翌年以後3年間にわたって繰り越して各年分の所得金額から控除できる)ができない、青色事業専従者給与を必要経費に算入することがでないなどの税務上の不利益を受けてしまうことになってしまいます。

個人クリニックの税務申告にあたっての留意点

中村先生

【医業収入】
租税特別措置法26条「医師課税の特例」の適用の検討…社会保険診療報酬が年間5,000万円以下の場合には、概算経費率による特例計算ができますので、必ずその有利不利を判定するようにしましょう。

措置法適用の際の留意点…年間の社会保険診療報酬が5,000万円を超えた場合適用ができません。この5,000万円という金額は、収入すべき金額とされていますので、知人等で窓口収入を貰わなかったり、未収入金となっていたりしていても収入に上げる必要があります。

つまり、措置法を適用する際は、年間の社保・国保・後期高齢者等の決定点数の合計から計算した理論値としての社会保険診療報酬に医業収入を修正する必要があるということになります。



なおその際、保険査定増減の点数、返戻分の点数、未請求の点数等については調整が必要なことに留意してください。社会保険診療報酬に対する経費と、自由診療報酬に対する経費は、できるだけ明確に区分し、経費調整率を使った按分計算との有利不利を判定してください。青色申告特別控除は、自由診療分の所得からしか控除することはできません。

▼医業収入の区分
クリニックの医業収入は、一般に保険診療収入・自由診療収入・雑収入に区分されますが、税務申告上は、①租税特別措置法26条「医師課税の特例(概算経費率)」の適用を受けられるか収入かどうか、②消費税が課税されるかどうか、③事業税の非課税所得となる収入かどうか、の観点からさらに細分して把握する必要があります。
また、雑収入の中には事業所得とならずに給与所得・雑所得などとして申告する必要があるものが混入してしまうことがありますので注意が必要です

医業収入の区分

▼医業未収入金の計上漏れの確認
期末までに行った診療分の未請求分等の売上計上洩れに注意してください。
労災・自賠責・予防接種・検診等や、クレジットカードによって支払いを受けた人間ドック・自由診療の未収金が計上されているか、歯科における  収入の計上時期(通常は装置・技工物等のセット時)は正しいか、併せて自動販売機、公衆電話、歯科における回収金属代等の雑収入の計上洩れがないかついても注意してください。 税務のポイント②へ進む≫

医療業界に詳しい税理士のご紹介 ご相談窓口

税理士のご紹介に関するご相談はフリーダイヤル・メールフォームからお気軽にどうぞ

フリーダイヤル:0120-024-497

受付時間:平日9:00~20:00 土日・祝日9:00~18:00

メールフォームからのお問い合わせはこちら


メディア掲載情報

掲載メディア


詳細はこちら

━

ご相談の流れ

お問い合わせ・ご相談

お客様のご要望を細部に渡ってお伺いします。開業について、今現在の顧問料についてなどの疑問・質問などもございましたらお気軽にお問い合わせください。

選定・調整

コーディネーターがお客様に適した会計事務所をお探しします。
お客様にぴったりの税理士が見つかりましたら、面会のために、お客様と選定した会計事務所の先生、双方の都合の良い時間を調整します。

面会

ご都合の良い日時・場所で、お客様と会計事務所の先生とでご面会を行います。
実際にお会いすることで、相性などもしっかりとご判断いただけます。

契約

相性や条件にご満足していただけましたら、ご契約となります。
ご紹介後も、何かありましたらお気軽にご相談ください。双方のご相談役としていつまでもお手伝いさせていただきます。

━